熊本の医学部を受験することに

合格がわかった時には本当にホッとしました

どこの医学部に行くか迷っていました | 予備校にも通う事に | 合格がわかった時には本当にホッとしました

受験対策も順調でこれなら大丈夫だろうという気持ちはあったのですが、落ちてしまったらどうしようという気持ちは拭い去ることができずプレッシャーとの戦いとなりました。
何回でも受けることができれば、いくらでも合格する自信はありましたが一発勝負となると五分五分と言った感じがあってその勝負に負けてしまったら、一年は無駄になってしまうと考えるととにかくプレッシャーは半端ないものでした。
そのプレッシャーに負けないようにとにかく、勉強をして気持ちを紛らわせることにしたのですがそれでもなかなか本当の自信はつきませんでした。
そのようにしている内に受験の日がきて試験が始まったわけですが、不安を感じながら問題に挑んだ割には出来が良かったので合格できたかなという感じがありました。
それでも自信があったわけではありませんから、最悪の事態を想定してというよりも落ちたときのショックを考えると落ちたこと前提で考えておいたほうが良いなと思っていたのですが、その心配は杞憂であり見事合格をすることができたのです。
合格がわかった時には本当にホッとして、ようやく今までのプレッシャーから解放されると同時に喜びがこみ上げてきました。