熊本の医学部を受験することに

予備校にも通う事に

どこの医学部に行くか迷っていました | 予備校にも通う事に | 合格がわかった時には本当にホッとしました

自分の力だけでは合格は難しいことがわかっていましたから、予備校にも通う事になったのですがハイレベルの指導を受けることはできたのですが連日勉強漬けでとにかく大変でした。
嫌にならなかったというと嘘になりますが、順調に力がついていくのがわかったので勉強を途中で投げ出すことはありませんでした。
しかし、ひとつ残念だったのが実力はついていったのですが県外の医学部を目指すほどの力はなかったので、熊本で受験をする方向となってしまったことです。
妥協したというわけでもありませんし、地元の方が何かと便利な点は多いものですからわざわざ他県を目指す必要もなかったのでしょうが、より上のところを目指すことができなかったのは少し残念でした。
その代わり、目標が明確に決まったのでそこからは絶対合格に向けて以前よりも更に集中をして勉強をすることになったのです。